至高の一枚を求めて。

サーフの宝探し、あなたも始めてみませんか?

盛り上がるサーフゲーム

ここ最近、砂浜からルアーを投げてヒラメを狙う釣りが大きな盛り上がりを見せています。
釣って楽しく、食べても美味しいんですから当然ですよね

しかしながら、そう簡単には釣れてくれないのがこの釣りの難しいところ。
何度も浜に通ってるのにちっとも釣れやしないとか、ごくたま~にしか釣れないので心が折れそうだ…なんて人がいるかもしれません。

かつては私がそうでした。
全く釣れなくてフグすら引っかかってこないですし、そもそもアタリが一体どんなもんだか分からない状態で、本当に砂浜からルアーで魚が釣れるなんて信じられませんでしたね。

それでも何とか1枚釣ってやろうとあれこれ試行錯誤しながら投げているうちに、ちょっとしたコツをつかんだみたいで、最初の1枚を釣り上げることができました。
『本当に釣れるんだ!』と感動したのを今でもはっきりと覚えていますよ(^^)

そして、もちろん毎回爆釣というわけにはいきませんが、まぁ人並みにと言いますか、それなりに楽しめる程度には魚が釣れるようになり、ボウズで帰る日がだいぶ少なくなっていきました。

サーフゲームは魅力がいっぱい

クサフグ

サーフの釣りの何が魅力的かって言いますと、最初に書きました食べて美味しいというのはもちろんなんですが、私の場合は釣り上げた時に感じる【達成感】と【優越感】です。

苦労して頑張ってようやく釣れた1枚や1匹。
場所、時間、ルアーなど、いろんなタイミングがかみ合ってそのヒラメは私のルアーを喰ってきたのです。
5分後に投げていたら魚はもう移動してて他の釣り人に釣られていたかもしれない事を考えると、

『よくぞこの場所を選び、この瞬間に投げた!よくやったな、オレ!!』

という気分になります。

そして何より、みんなが釣れてない中で釣り上げた時の優越感は、そりゃもうかなりの中毒性があるのです。

たしかに釣りは魚を釣った人がエライんですけど、ヒラメを釣ると、なぜか自分がスゴ腕アングラーになったような錯覚に陥るんですよね。

ルアーを投げた先にたまたま運よくヒラメがいたというだけなのに!

まぁヒラメっていう魚はそんなにバカスカ釣れるものじゃありませんので、たまに釣れた時ぐらい大きな顔したってバチは当たらないよね~と思っています。

そんな感じで、私がヒラメ初心者を卒業した時にやってみた事を紹介しています。
あなたの最初の1枚、もしくは釣果上積みに貢献できたのなら幸いです。

究極の進化を遂げた新型ストラディック。最高傑作の予感…