サーフから釣れる魚たち ミノーで釣れたヒラメ

派手な動きに思わずヒラメもかぶりつく

サーフのヒラメ・マゴチ釣りに持っていきたいルアー第3弾はミノーです。
メタルジグみたいに飛距離は出ませんが、リップに水を受けてブリブリと泳ぐのでアピール力満点。

特に朝イチ、波打ち際に寄った活性の高いヒラメを釣るべく、手返しよく攻めたい時に使われるルアーです。

それでは種類別に紹介していきましょう。

フローティングミノー

120裂波

フローティングミノーは水に浮くタイプのミノーです。
主に水深が浅くて、沈む(シンキング)タイプでは底をこすってしまうような釣り場で使います。

例えば水深が1m程度の釣り場で50~60㎝潜るタイプを使うと、底から4,50㎝のレンジを泳ぐことになってちょうどいいわけですね。

また竿先を寝かして巻けばもう少し深度を下げることができますし、竿先を上げて巻けば潜るのを多少抑えることもできます。

シンキングミノー

ヒラメミノーⅢ

シンキングミノーは沈むタイプのルアーですので、着水後にほうっておくとどんどん沈んでいきます。
沈む速度はルアーによって違いますが、だいたい秒間30~40㎝といったところでしょうか。

そしてこの沈降速度と水深を大雑把に計算して任意のレンジを引くことができるのがシンキングミノーの特長です。

例えば沈降速度30cm/秒のミノーを投げたとして、着底するまでカウントダウンします。
だいたいカウント7ぐらいで着底したとしたら、カウント6で巻き始めれば底から30cmぐらい上、カウント5で巻き始めれば底から60cmぐらい上をルアーが泳ぐと推測できます。

ただ、こういったスローシンキングなタイプは浮力があるために着底が分かりづらいきらいがありますし、波の高い日などはちょっと使いにくいかもしれません。
また水深のある釣り場ではカウントダウンに時間がかかるので私はあまり使いません。

ヘビーシンキングミノー

ピンテールEZ

ヘビーシンキングミノーは長さ9cm重さ28g前後のルアーが多く、長さに対して重いので普通のシンキングミノーに比べてやや速く沈むのが特長です。

沈むのが速いので深い釣り場でも着底まで時間がかからず、また着底も分かりやすいため多少波のある日でも使いやすいです。

また、ヘビーシンキングミノーはフォール時にローリングアクションするものが多いです。
そうなるように設計したのか、たまたまそうなってしまったのか分かりませんけど、ローリングアクションは集魚効果や喰わせの誘いにもなる有効な動きですので、ぜひ活用しましょう。

具体的には、『リフト&フォール』です。
メタルジグの時と同様に、持ち上げて落としてみましょう。

ちなみに、、、

ルアーのアクション
  • ローリングアクションとは…ボディの側面を交互に水面に向ける、いわゆるヒラを打つ動きのこと
  • ウォブリングアクションとは…しっぽを左右に振る動きのこと
  • ウォブンロールアクションとは…ウォブリングとローリングが合わさった動きのこと

以上を踏まえてオススメのミノーを紹介します。

シマノ サイレントアサシン

長さはオーソドックスな129か140が人気ですが、どちらもやはりその強烈な飛距離が魅力です。
シマノ独自のAR-C重心移動システムによって、誰が投げてもあまり失敗なく姿勢をまっすぐ保ったまま飛んでいきます。

タイミングがバッチリ合うと、失速して落ちそうだなと思ったところから2回ぐらい伸びるイメージ。
すぐに廃版になってしまうシマノルアーにありながら、長期にわたって根強い人気を誇る本当に完成度の高いルアーです。

シマノ ヒラメミノーⅢ

サイレントアサシンがローリングメインで上品に泳ぐのに比べて、太めなボディをブリブリグネグネと震わせてヤンチャな泳ぎをするのがヒラメミノーⅢ。
フックサイズも、前から#5・#5・#4と大きめに設定されていていい感じです。

ただ、このルアーもAR-C搭載でよく飛ぶんですけど、アサシンに比べるとやや落ちるのが残念なところ。
まぁアサシンが飛びすぎるっていうだけなんですけどね。

ちなみに、トップ画像のヒラメのヒットルアーは「ヒラメミノーⅢ125S シロギス」です。
ほぼ夜明けと同時にゴツンと来てくれた想い出の魚です。

ジャクソン ピンテールEZ

名機アスリートの血を受け継ぐピンテール。
フックはST56の#4を標準装備して大物対策は万全。

誰でも簡単に使う事ができるヘビーシンキングミノーです。
ただ、巻き抵抗がそれなりにありますので、あまり柔らかい竿ですと扱いづらいでしょうね。

スローリトリーブよりは普通~速めに巻いた方がよく泳ぎます。